熱中症で倒れないために誰でも出来る3つの事

とうとう激暑の真夏が近づいてきました。

5月ですでに30℃ありますけど、

皆様どうお過ごしでしょうか。

f:id:nir888:20170530222554j:plain

 

そのうちにこんなニュースが多くなりますね。

「本日**管内で、熱中症による病院搬送は**件あり、

**人が重症で・・・」

とか、

本日、日本一暑かった町は・・・

なんてね。

 

 

先日書きました

www.nir888.com

 

とにかく簡単にできる事で、これを気を付けていれば

ある程度は熱中症は防げますよ。

 

3つの簡単なことはこれ!

1.電気代をケチらずエアコンを使いましょう

大丈夫ですか?

電気代を気にしてエアコンを28℃にするとか、

扇風機だけで我慢しているとか、

やっていませんよね?

死にますよ。マジで。

優先順位は

命>>>>>>>>>>>>>>>>>電気代

ですからね。

ホント。

少々の電気代をケチったばかりに、

病院に担ぎ込まれて、相応の治療費がかかるくらいなら

エアコンで快適な室内環境を作りましょうね。

 

2、必要以上に外に出ないようにしましょう

もちろん学校や仕事など、どうしても行かなくてはダメなこと

もありますが、必要以上に太陽に照らされる時間を

少なくしましょう。

外で直射日光に当たる時間を減らすことが、

なにより熱中症の防止に繋がります。

ただ、日陰に入っていても暑いですからね。

 

スーパー、デパートへの買い物へも、

移動もなるべくはエアコンの効いている乗り物で、

外を歩く時間を減らしましょう。

運動不足が・・なんて諦めましょう。

無理にクソ暑い時期に運動などしなくても大丈夫です。

どうしてもというなら、暗くなってから近所を散歩しましょう。

 

 

若者で体力がある人はまだ大丈夫ですが、

年齢が高い方の真夏の運動はヤバいですよ。

 

ワタクシの知り合いの話ですが、

どうやら熱中症で倒れ、

ホントに死ぬと思った、そうである。

汗も出ないし、

ボーっとしてきて、

これヤバいなと思ったらもうダメで、

救急車で運ばれたと、

点滴を打ったりして、なんとか回復しましたが

熱中症ってなめちゃイカンよ、怖いよ」と

有り難いアドバイスを頂きましたからね。

 

身近でそのような体験話を聞くと、けっこう怖いですよ。

 

 3、水分は多めに摂るようにしましょう

喉が渇いたから水飲もう、では遅いですよ。

遅すぎますよ。

一番イイのは、1時間ごとに100ml程度の

「水」を飲むことだそうです。

「水」ですよ、ビールではダメですよ。

余計に水分を排出しますからね。

 

意識して飲むべきなのは

 などでしょう。

スポーツドリンクも糖分が多いので、

ほどほどにしましょう。

 

間違っても

  • アルコール
  • 炭酸飲料などのジュース
  • お茶

これらは水分補給になりませんよ。

嗜好品ですから、真夏にビールは美味しいでしょうけど、

純粋な水分とは言えないですね。

糖分も多いので、摂りすぎには注意しましょう。

お茶も利尿作用がありますので、

飲みすぎるとかえって体内の水分を排出してしまいます。

 

簡単にできることばかりだと思います。

これから本格的に夏が来ますので、

体調管理にはご注意を。